日本赤外線学会第43回定例研究会
(第3回 赤外放射の応用関連学会等年会)
主テーマ 「広がりつつある赤外応用(近赤外からテラヘルツまで)及び一般」

日 時  平成1723日(金)  1300分 〜 1645

場 所  東京工科大学 片柳研究所 (2階E202講義室)
          東京都八王子市片倉町1404-1 TEL:0426-37-2111  http://www.teu.ac.jp
         (JR横浜線 八王子みなみ野駅下車 スクールバスで約5分)

講 演
  1件 30分 (発表25分+質疑5分程度)

13:00  「非冷却赤外線イメージセンサの開発動向」
      木股雅章(立命館大)

13:30  「640x480画素SOIダイオード方式非冷却赤外線FPA」
      上野雅史、小笹山泰浩、杉野隆紀、中木義幸、井上博元、藤井善夫、
      武田宗久(三菱電機)、木股雅章(立命館大) 


14:00  「近赤外分光による非破壊品質評価−装置技術からみた側面−」
      大倉 力(相馬光学) 

14:30  「量子カスケードレーザーの分光応用
      −メタンおよび一酸化二窒素の超精密赤外分光−」

      秋草直大、枝村忠孝、杉山厚志、落合隆英、山西正道、管 博文(浜松ホトニクス) 

15:0015:15 休憩

15:15  「光技術と生体機能」
      山下貴司、山下豊(浜松ホトニクス)

15:45  超音波速度イメージング法による生体の光吸収分布の測定」
      堀中博道、浦 友章、中谷友美、向山卓志、松山哲也、和田健司(大阪府立大)、
      松中敏行(アロカ)


16:15  「商品紹介広告内のサーモグラフィ像に関する一考察」
      臼杵尚志(香川大)

    参加は無料です。会員外の方も歓迎致します。多数ご参加下さい。
     資料代(1000円)は当日申し受けます。

共催   (社)照明学会光放射の応用・関連計測研究専門部会、(社)映像情報メディア学会
      日本サーモロジー学会、 輻射科学研究会

協賛   電気学会光応用・視覚技術委員会、 電気学会フィジカルセンサ技術委員会