2008年日本赤外線学会研究発表会 主催委員長 太田 仁

日本赤外線学会 会長 岡島茂樹

平成20年度(2008年)日本赤外線学会研究発表会のご案内

期  間

      平成20年(2008年)1030日(木)−31日(金)

会  場

      神戸大学百年記念館(神大会館)六甲ホール

      〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1

アクセス:最寄り駅 阪急「六甲」より徒歩15分,タクシー5分,市バス36系統「鶴甲団地」行き「神大文理農学部前」下車

JR「六甲道」や阪神「御影」より36系統市バス

新幹線「新神戸」よりタクシー12分(1700円)

      地図:http://www.kobe-u.ac.jp/info/access/rokko/bun-ri-nou.htm

連絡先:神戸大学 分子フォトサイエンス研究センター,理学部物理(兼任)

太田 仁

E-mail: hohta@kobe-u.ac.jp

Tel: 078-803-5646, Fax: 078-803-5770

講演・ポスター発表募集(締め切り:平成20921日(日))

   申し込み方法

      口頭またはポスター発表で行います。口頭発表はPCプロジェクターのみを用います。

下記項目を記載して、電子メイルでお申し込み下さい。(講演予稿集原稿の提出が後日必要です。)

      (1) 氏  名 (連名者を含む。登壇者の左肩または左側に○印を記す)

      (2) 所  属(連名者の所属が異なるときは氏名の右肩または右側に*, **をつける)

      (3) 講演題目

      (4) 先 (氏名、住所、TelFaxE-mail

      (5) ポスター発表希望の有・無(発表形式は希望に沿えない場合があります)

      (6) 奨励賞候補希望の有・無 (有の場合は、ポスター発表のみ)

    講演申込み先

      静岡大学 創造科学技術大学院 廣本宣久 宛

      E-mail: dnhirom@ipc.shizuoka.ac.jp

出展募集(締め切り:平成20921日(日))

展示日時(研究発表会プログラム参照)

      平成201030日(木)13:0017:00

展示場所

      六甲ホール横ホワイエ

   貸し出し物

机、椅子、パネル、100V電源コンセントなど

   申し込み方法

      下記項目を記載して、電子メイルでお申し込み下さい。

      (1) 機関名

      (2) 担当者連絡先(氏名、住所、TelFaxE-mail

      (3) 展示の簡単な内容

      (上記内容を、講演予稿集に掲載します。展示内容紹介の口頭発表はありません。)

   展示申込み先

      静岡大学 創造科学技術大学院 廣本宣久 宛

      E-mail: dnhirom@ipc.shizuoka.ac.jp

   費用

      無料

講演予稿集原稿(締め切り:平成20105日(日))

講演予稿集原稿の提出が無い講演はキャンセルになります。

   原稿作成方法

      A4の用紙に、2頁以内にカメラレディでワープロ(平成明朝)を用いて作成。

      (余白:上下30mm, 左右25mm, 40字X36)

      1行空けて表題(14ポイントB)、所属(11ポイント)、氏名(12ポイント)、本文(11ポイント)、参考文献(10ポイント)の順序で記載。

      今年度より講演予稿集はA4版になります。 (予稿書式のひな形)

   予稿集原稿送付先

      オリジナルとコピー1部ずつを、下記の事務局に郵送下さい。

      〒432-8561 浜松市中区城北3-5-1

静岡大学工学部電気・電子工学科 石田明広宛

Tel: 053-478-1104  Fax: 053-478-1351

E-mail: tdaishi@ipc.shizuoka.ac.jp

研究発表会プログラム (発表件数によって、変更があります)
   平成20年10月30日(木)
           午後開会 13:00 〜 17:30
               プレナリー講演@六甲ホール
                     「テラヘルツ光の強磁場電子スピン共鳴への応用と今後の展望」
                            神戸大学分子フォトサイエンス研究センター 教授 太田 仁
               一般発表@六甲ホール
               ポスターセッション@六甲ホール横ホワイエ
               企業展示@六甲ホール横ホワイエ
         懇親会 18:00 - 20:00@瀧川記念学術交流会館1階食堂(六甲ホールより徒歩1分)

   平成20年10月31日(金)
     午前の部09:00 〜 11:30 
               特別セッション「すばる望遠鏡と赤外線:支える技術とその成果」@六甲ホール
                      講演1 「すばる望遠鏡 -その実現化のための技術-」 
            三菱電機通信機製作所 インフラ情報システム部 主管技師長 伊藤 昇
                      講演2 「太陽系外惑星の検出とその形成に迫るすばる望遠鏡」
                           国立天文台 光学赤外研究部 准教授 田村元秀
                      一般発表@六甲ホール
         (昼食)
           午後の部13:00 〜 17:00
                一般発表@六甲ホール
                見学会 神戸大学分子フォトサイエンス研究センター(神戸大学 文理農キャンパス)
                   富永研究室 
                      @ 赤外領域における超短パルスレーザー(波長領域3〜7ミクロン、パルス幅150
                          フェムト秒、出力数マイクロJ/pulse、繰り返し1kHz)を用いた三次の光学非線形分光
                         (ポンプ−プローブ分光、3−パルスフォトンエコーなど)による液体ダイナミクスの研究。
                      A 時間領域テラヘルツ分光による凝縮相の低振動スペクトルの研究。固体結晶や液体、
                          溶液、さらに生体高分子の集団的な運動や高周波の誘電応答に関する研究を行っている。
                          特に、生体高分子に関しては機能発現との関連について議論している。
                    太田研究室 (理学部B棟101実験室)
                          神戸大学分子フォトサイエンス研究センター量子光科学研究部門では、遠赤外レーザー、
                          後進行波管(BWO)、Gunn発振器と逓倍器を用いてテラヘルツ領域の電子スピン共鳴の
                          分光・計測技術の開発を行っています。これらの光源で発生できる30GHzから7THz(10mm
                          〜43um)の光と最大55Tのパルス強磁場の発生できるマグネットを組み合わせたパルス強磁場
                          ESR装置の見学と高感度化を目指した10T定常強磁場を発生できるヘリウムフリー超伝導磁石を
                          組み合わせたヘリウムフリー強磁場ESR装置の見学を行います。
                                     (流れ解散)


宿泊・食事 

阪急,JR,阪神「三宮」(阪急「六甲」より3駅目)にホテル、レストラン、飲み屋多数

協賛:

・日本分光学会第44回夏季セミナー 平成2093日、4日 

幕張メッセ国際会議場303会議室

(http://www.jaimashow.jp/seminar/jaima_conf.html)
日本光学会(応用物理学会)Optics & Photonics Japan 2008 11411

つくば国際会議場 (http://www.opt-j.com/opj2008/)

後援:
応用物理学会東海支部 「リフレッシュ理科教室イン春日井」96()

(http://annex.jsap.or.jp/tokai/rika/panf/H20-kasugai.pdf)

以上