60回日本赤外線学会研究発表会
日本赤外線学会 会長 梅干野 晁

 

60(平成23年度)日本赤外線学会定例研究会・見学会

 

期  間            20111121()25()

会  場                        研究会 ハワイ観測所、見学会 すばる望遠鏡施設

連絡先:木股雅章

立命館大学理工学部マイクロ機械システム工学科

525‐8577 滋賀県草津市野路東1‐1‐1

TEL: 077‐561‐5985

E‐mail: kimata@se.ritsumei.ac.jp

参加費             無料(参加は事前申込のみ、事前申込は既に締め切っています。)

資料代                         11000

懇親会                         調整中

 

日程    

20111121() 日本発、ヒロ着

20111122() すばる望遠鏡施設見学会

                      10:30   ホテル発

                      12:30   オニズカビジターセンター着

                      13:30   オニズカビジターセンター発

                      14:00   マウナケア山頂着/すばる望遠鏡見学

                      16:00   山頂 → オニズカビジターセンター

                      17:00   オニズカビジターセンター → 山頂/サンセット鑑賞

                      18:30   山頂 → オニズカビジターセンター/天体観測

                      20:00   オニズカビジターセンター

                      22:00   ホテル着

 

20111123() 定例研究会/ハワイ観測所ヒロ施設等見学/懇親会

                      09:00-12:00     定例研究会

                      12:00-16:00    イミロア天文センターで昼食/見学

                      16:00-17:00     ハワイ観測所ヒロ施設見学

                      17:00-19:00     懇親会

20111124() ヒロ発

20111125() 日本着

 

 

発表方法          【一般発表(口頭発表)】

・一般講演15+質疑応答5分の計20分です。

PCプロジェクターを用います。OHPは使用できません。

・発表用のPC は各自ご用意下さい。

・セッション前の時間等を利用して、接続試験をして下さい。

 

宿泊                ヒロハワイアンホテル

 

プログラム詳細

 

挨拶 (11239:00-9:05、ハワイ観測所ヒロ施設)

 

国立天文台ハワイ観測所長

 

日本赤外線学会会長

 

一般発表(11239:05-12:05、ハワイ観測所ヒロ施設、座長:木股(立命館大学)

 

[1] Development of High Performance cw Far-Infrared Lasers for Plasma Diagnostics in Chubu university

S.Okajima*, K.Nakayama*, T.Akiyama**, K.Kawahata**

College of Engineering, Chubu University*,  National Institute for Fusion Science**

 

[2] 極低温テラヘルツ波ESR測定装置開発

○大久保晋*、横山千織**、櫻井敬博***、太田仁*

神戸大学分子フォトサイエンス研究センター*、神戸大学大学院理学研究科**、神戸大学研究基盤センター***

 

[3] 多重極限テラヘルツ強磁場電子スピン共鳴装置の開発

○太田 仁*、大久保 晋*、大道 英二**、櫻井 敬博***

神戸大学分子フォトサイエンス研究センター*、神戸大学大学院理学研究科**、神戸大学研究基盤センター***

 

[4] Magnetic Properties of Cobalt Plate Compared with Iron and Nickel Plates

Yoshiaki Tsunawaki*, Nobuhisa Ohigashi**, and Makoto R Asakawa**

Dept. of Electronics, Information and Communication Engineering, Osaka Sangyo University*, Department of Pure and Applied Physics, Kansai University**

 

[5] 骨の生体材料に関するリン酸カルシウムの赤外吸収特性

○坂本 清子、綱脇 惠章

大阪産業大学

 

[6] 都市・建築空間の全球熱画像と3D-CADを用いた表面温度画像の作成

○梅干野 晁

東京工業大学

 

[7] 赤外線アレイセンサの開発

○木股 雅章

立命館大学

 

[8] すばる赤外線観測装置 MOIRCS のアップグレード計画

○ 西村徹郎、岩田生、田中壱、有本信雄

国立天文台ハワイ観測所

 

[9] TBD

○臼田知史

国立天文台ハワイ観測所