日本赤外線学会創立20周年記念講演会
        (第59回定例研究会)


日   時   平成23 527日(金) 14:4517:00

場   所   大阪産業大学梅田サテライト

大阪市北区梅田1丁目1番 大阪駅前第3ビル19

 (JR「大阪駅」より徒歩約5分,JR「北新地駅」より徒歩約5分,阪急
  
「梅田駅」より徒歩約9分,阪神「梅田駅」より徒歩約4分および地下
  
鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩約5)

講   演

                講演1(14:45-15:45

                  小惑星探査プロジェクト「はやぶさ」のこれまでと今後

                  藤原 顕 (関西大学,元JAXAはやぶさ科学リーダー)

                  概要:はやぶさの科学と技術の概要と分析、および今後の探査
                          
計画などについて述べます。

                            講演2(16:00-17:00

                        砂漠のなかのエジプト文明−オアシスに生きる-

                         亀井宏行 (東京工業大学大学院
                                     
情報理工学研究科計算工学専攻 教授)

                           概要:古代エジプト文明はナイル川沿いに発展したことは良く
            知られていますが,ナイルの水が届かないサハラ砂漠
                          
の中では,どうなっていたのでしょうか。その一端を紹介
                           
します。日本の衛星ALOS(だいち)の画像も使います。

 

 研究会の参加は無料です。研究会資料は当日受付で販売します。(11,000円)